電話:027-263-1018

〒371-0802 群馬県前橋市天川町1666-1

消化器内視鏡専門医
眠ってる間に検査
日帰りでポリープ手術
日本消化器内視鏡学会認定 医師 田中 雅彦

苦しみの少ない胃内視鏡(経鼻内視鏡・経口内視鏡)検査や大腸内視鏡検査を専門に行っています。日帰りでポリープ手術も行っております。旧称:前橋外科医院。

医師紹介

予約について

予約専用電話番号

050-5810-2623

パソコンからのご予約

予約ページはこちら
※診察券をお持ちの方のみ

モバイルからのご予約

http://www.yoyakuru.net/rs/keyakiclinic/mobile/
※診察券をお持ちの方のみ

けやきクリニックのあゆみ、当病院の歴史。詳しくはこちら

院長あいさつ

院長写真

 がんなどの悪性疾患や、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病は、初期には症状がないことが多く、気が付いたときには、身体的・経済的・労力的に大きな負担を強いられる状態になっていることがあります。

 日頃の健康管理はとても大切ですが、気づかないうちに手遅れにならないよう、「健診」を積極的に受けましょう。また、何かおかしいと感じた時、早めに医療機関に相談すれば、大病に至らず済む可能性も高いです。
 当院では検査の苦痛をできるだけ軽減し、躊躇なく検査を受けていただくよう努力・工夫をしております。早期に発見すればあらゆる点で有利となり、生活習慣病もがんもそれほど恐くありません
まずは何でもお気軽に、ご相談ください。

院長 田中 雅彦

理事長・院長 田中雅彦

  1959年 誕生
1985年3月 順天堂大学医学部卒業
1985年5月 医師免許取得
1985年5月 順天堂大学医学部外科研修医
1987年5月 順天堂大学医学部第一外科入局
1995年6月 宏愛会篠原病院外科部長
1995年7月 医学博士号取得   1999年から鎮静剤による内視鏡検査を始める 
2001年6月 宏愛会第一病院外科部長
2005年7月 『前橋外科医院』院長継承
2011年 診療所名称を『けやきクリニック』に名称変更し、理事長を継承

診療理念

診療理念

  1. 安全
  2. 苦痛軽減
  3. 情報開示
  4. 分かりやすい説明
  5. 患者さんの意思を尊重
  6. 専門医としての高医療レベル
  7. 心地良さ

以上を大切にし、社会に貢献できるよう、日夜努力することを心がけます。

患者さん主導型医療

患者さん主導型医療

 人間が元来持っている自然治癒能力・恒常性(いい状態を保つ)維持能力を最大限に生かすためには、患者さんご自身の治療意欲がとても大切です。病気やけがのことを自ら理解し、自分の意思で治療方法を選択することで治療意欲が増すと信じております。
 そのために我々は、できるだけ丁寧にわかりやすく説明し、治療方法もすべての選択肢を利点・欠点含めて提示すること、さらに各患者さんにあった治療方法がどれであるかをお勧めすることを常をしております。

地域連携

 患者さんの希望する診療(検査や治療)が当院では困難である場合は、できるだけすみやかに、ご自身が希望する専門施設(病院など)にご紹介いたします。患者さんにとって最善の方法を選んでいただくことを主眼としております。
 紹介をスムーズに運ぶために、各大学病院や中核病院と連携を組んでおります。
もちろん、日本全国どこの病院へもご紹介可能です。
こうした橋渡しも我々の重要な使命と考えております。

消化器内視鏡専門医

 院長自身は日本消化器内視鏡学会認定の「消化器内視鏡専門医」であり、すべての内視鏡検査を担当しております。
 専門医として、安全性・確実性はもちろんのこと、検査の苦痛を最小限にすることで、患者さんが躊躇せずに適切なタイミングで検査が受けられるよう努力をしております。いかなる疾患も早期発見・早期治療により、救命率・治癒率も向上します。病状が進んでからの治療費も減らすことができ、国家の医療費も抑制できると信じてます。
 検査の精度を高めるため、ハイビジョンスコープや拡大内視鏡、NBI(狭帯域光観察)といった、可能な限り最新の設備を備えております。また、大腸ポリープは、2cm以下のものは、日帰り手術で、内視鏡の最中に苦痛なく切除します。

苦痛のほとんどない内視鏡検査

 消化器の内視鏡は「怖いから」、「辛いから」、といって躊躇しがちな検査です。必要な検査を受けないことで、早期発見・早期治療のチャンスを逸してしまわないよう工夫したのが、注射薬で眠っている間に受ける内視鏡検査や、経鼻内視鏡です。通常の咽頭麻酔による方法でもほとんどの方は受けられますが、苦手な方には、苦痛の少ない方法を選択していただけます。

健診・検診で、不安のない毎日

 がんや生活習慣病は早期のうちは自覚症状がほとんどありません。有病率の高くなるといわれている40歳以上の方はとくに、最低でも1年に1回は、健康診断とがん検診の両方を必ずお受けになるべきです。
当院は、前橋市在住の方の市民特定健診(新さわやか検診)の指定機関になっております。
また、前橋市のがん検診も子宮がん検診以外はすべて対応しております。(マンモグラフィーは多施設へ紹介になります)
そのほか、消化器(胃、肝、胆のう、膵臓、大腸)の2次精密検査、高血圧・糖尿病・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病の疑いに対する診断や治療も行っております。

禁煙治療

 当院は、一定の条件を満たした方に健康保険で禁煙治療を行う認可を受けております。
喫煙は、すべてのがんのリスクが高まると同時に、生活習慣病に明らかに悪影響を与えます。
また、喫煙者本人だけでなく、受動喫煙により周囲の方までがんや生活習慣病や肺の機能障害など多くの危険性を高めてしましますので、ぜひ、禁煙に踏み切っていただきたいと思います。

専門分野

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

 内視鏡が苦手な方のために、眠っている間に行う内視鏡「セデーション内視鏡」や、細径スコープによる鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)も行っております。口からの内視鏡では、ハイビジョンスコープを使用しておりますので、微小病変も逃さず観察する事ができます。狭帯域光観察(NBI)も駆使して、がんの可能性の有無についてより詳細に観察できます。内視鏡画像はコンピュータ取り込み、その場でお見せできますし、経年の画像とも比較検討もでき、皆さんの病気への理解をより一層深めていただけます。

大腸内視鏡

 大腸内視鏡も、ほとんど苦痛無く受けられます。 約2cm以下の大きさのポリープはその場で概ね切除でき、その内視鏡的ポリープ切除術は、日帰りで行っています。当院で安全にとることが懸念される大きなポリープは、より安全に切除できる設備の整った専門の病医院に紹介します。

その他

 動脈硬化・動脈閉塞度測定(CAVI・ABIという検査で苦痛なく血管年齢お調べします。)
血液検査、心電図検査、レントゲン検査、超音波検査、呼気一酸化炭素濃度測定機、経皮的血中酸素飽和度測定器・視力検査・聴力検査などの検査機器を備えております。

所属学会・認定医など

専門医・認定医

  • 消化器内視鏡専門医(日本消化器内視鏡学会認定)
  • 日本外科学会認定医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 順天堂医学会
ページトップへ